ブログ

nigaoe.incギャラリー

2018年の12月に大分市中心部にアトリエを移転。
入り口には念願だった「ウェイティングスペース」兼「小さなギャリー」を作ることができました。
この場所で他の似顔絵作家さんと一緒に似顔絵商品の展示を行っています。

個性豊かな似顔絵作品に囲まれながら、もっと自分自身もお客様に喜ばれるようにと、日々、似顔絵を描かせていただいています。
今後は、似顔絵以外のいろいろなアーティストさんの個展や、似顔絵の教室など、幅広い活動をしたいと考えています。

ギャラリー作りは初めてのことだったので、分からないことも多くたくさんの苦労がありました。
その分愛着の湧きましたし、素敵な空間に仕上がっています。

こちらは、壁紙を貼る前の壁です。ボードとボードの間にパテと言われる紙粘土のようなものを練って流します。
乾いたら断面をこすって平坦にするそうです。

この下地と呼ばれる状態がキチンとまっすぐになっていないと、壁紙を貼っても凸凹になってしまい、綺麗に仕上がらないそうです。

そんな壁も職人さんがくればあっという間にこの通りです。

展示している作品が、天井から糸のようなもので吊られているを見たことがあるでしょうか?

これはピクチャーワイヤーと言いまして、美術館などで作品展示に使用されているものです。
展示作品の高さや位置などを自由に動かすことができます。

仕組みは単純で、天井(または壁)に、カーテンレールのようなものを取り付け、そこに金具をつけてワイヤーを吊り下げます。

こんな感じです。

ワイヤーには写真のようなコマがついていまして、ちょうど良い位置にセットして絵を飾ることができます。

一本のワイヤーに複数枚吊ることもできてとってもおしゃれです。

道具の使い方も勉強しながら、手作りで苦労もしましたが、とても愛着の湧く素敵なギャラリーが誕生しました。

大分県に遊びに来る際は是非遊びにいらしてください。

 

関連記事

ページ上部へ戻る