長寿祝い

  1. 贈りものの相場やお勧めのギフトは?長寿祝いのマナー

    まだまだ現役と思っていた両親も、60歳を過ぎれば数年ごとに「長寿のお祝い」がやってきます。長寿祝いは昔からの日本の風習ですが、現代では必ずしもしきたり通りにする必要はなく、むしろそれぞれご両親が喜ばれるものを選んでプレゼントする人が多いようです。

  2. お祝い

    長い人生をみんなで楽しく♪ 知っておきたい長寿のお祝いアレコレ

    日本は世界でも有数の長寿国。平均寿命も年々上がり、長寿のお祝いをする機会も増えてきていますよね。今回は、還暦からの長寿祝いについて、一般的な名前の由来などをまとめてみました。通常は数え年で考えますが、満年齢でお祝いすることも多いようです。

  3. 家族

    還暦祝い!家族の絆がぐっと深まるプレゼント

    家族を今に導いてくれた年長者を敬うことは大切な文化です。また、還暦のお祝いは家族の絆を深めることが出来る貴重な機会でもあります。そこで今回は、家族の絆がぐっと深まるような還暦のプレゼントを中心にご紹介していきたいと思います。

  4. 似顔絵 ギフト包装(ラッピング)

    家族の似顔絵をプレゼント!長寿祝いや記念日に

    感謝の気持ちと更なる健康を願うご長寿のお祝い。大切なご家族とともに豊かな人生の節目を祝う席で、ご家族みんなの似顔絵をプレゼントしませんか?長寿のお祝いには、還暦(61歳) 古稀(70歳) 喜寿(77歳) 傘寿(80歳)米寿(88歳) 卒寿(90歳) 白寿(99歳)など様々あります。

  5. 大人数

    すごく驚いてみんなが笑顔になるのです。

    両親への感謝の気持ちを込めたり、友人の結婚式のお祝いなど、相手を笑顔にさせたり、感動の涙を流してもらえるような特別な物を贈りたいときは、心のこもったプレゼントを贈ることが一番だと思います。最近は、ネット通販サイトでも手作りの心のこもった商品やサービスを提供してくれるところがたくさんあります。

  6. 米寿の似顔絵

    長寿祝いの似顔絵が完成するまで

    この時期は結婚式のご依頼よりも長寿祝い用のご依頼を多くいただきます。お年寄りの似顔絵は輪郭を少しふっくらと描いて、にっこり笑顔にして描くと優しい雰囲気の絵に仕上げることができます。似顔絵の下書きは色鉛筆を使って行います。色はアプリコットやピンク系の明るい色を使って描きます。

ページ上部へ戻る