ブログ

結婚式ムービーの内容と相場

<結婚式のムービーには2種類ある>

結婚式でムービーが必要になる場合がありますが、そのムービーには2種類あります。
ひとつは新郎新婦のプロフィールを紹介するために作るムービーで、もうひとつは結婚式の様子を撮影した、ふたりの思い出用ムービーです。
プロフィールムービーについては、動画作成ソフトなどを使用して自作することも可能ですが、
思い出用のムービーは素人だとかなりブレがあったり、肝心な部分を撮り逃してしまうこともあるので、プロに依頼するのが得策です。

ここでは、プロフィール用と思い出用ムービーのそれぞれの作り方や、業者に依頼した場合の相場などについてご紹介します。

<プロフィールムービー>

プロフィールムービーは、結婚式が始まるまでの間流しておき、ゲストに新郎新婦のことを知ってもらうためにあります。
ふたりの生い立ちや、交際期間のムービーを流す場合もあれば、結婚式までのメイキングを撮影して流す場合もあり、その活用方法はさまざまです。
プロフィールがあると結婚式のよいスパイスになりますし、
成長過程のものなら、親族や家族が見て懐かしく感じてもらえるなど、多くのメリットがあります。

成長記録をムービーにする場合は、年齢によってはホームビデオがなかったという人もいるでしょうから、
その場合は写真をつなげてひとつの映像として扱います。
写真をつなげるだけならプロでなくてもできるので、自作でもクオリティの高い作品を用意できるでしょう。
結婚式までのメイキング映像を流す場合は、新郎新婦は準備をしているので撮影できませんし、
打ち合わせなどに毎回友人に同席してもらうわけにもいかないので、業者に依頼して撮影してもらうことが多いでしょう。
ただし、友人が撮影してくれるのであれば、自作でも動画をつなげて文字入れをするソフトがありますので、十分作成することができます。


プロフィールムービーを業者に依頼する場合の相場は、およそ4万円から8万円前後です。
かなり金額に差がありますが、4万円の場合はシンプルなごく簡単なムービーになります。
より高い金額を支払うと、いろいろな素材を使っている凝ったムービーを作ってもらえます。
ただ、業者によってムービーの作成技術はさまざま。
低予算でも満足できるものを作ってくれるところもありますし、「これだけ支払ってもこのレベル?」と思ってしまう業者がいるのも事実です。
インターネットから依頼する場合は、サンプルムービーがあるサイトを選び、できるだけたくさん比較検討した上で申し込まれることをおすすめします。

「そんなに払うなら、自分で作る!」という人の費用の相場は、2000円~5万円前後になるでしょう。
これは、動画を編集するソフトを持っているか、ホームビデオを持っているかなどが重要です。
ビデオを持っていて、ソフトもあるならそれこそDVDメディアの料金だけで作れてしまいます。
ソフトは無料のものから有償で数万円するものまで多岐にわたりますが、
プロフィールムービーであれば、フリーソフトでもある程度のものは作れるのでははないでしょうか。
ただし、ソフトを操作する技術があることが前提ですので、
パソコンがまったくできないという人は、知り合いにお願いするか、業者に依頼することになります。

<結婚式の思い出用ムービー>

結婚式のムービーは、結婚式が執り行われている様子を撮影し、思い出の品にするためのものです。
撮影が上手な友人がいれば、ホームビデオで撮影してもらってもよいですが、
ずっと撮影だけしてくれている場合を除き、席で飲食したり、別の準備などと並行して撮影するとことになります。
ですので、シーンの合間が飛んでしまったり、撮影がおろそかになる可能性が高いので、あまりよい仕上がりにはなりません。

せっかく式に参加してくれているのに撮影ばかりさせるのも申し訳ないという場合は、業者に依頼するのが無難です。
業者は撮影専門で来てくれているので、大事な部分を逃すことなくしっかり撮影してくれます。
撮影技術も信頼できるので、後から見返して思い出に浸るには十分なムービーを作ってくれるでしょう。

ウェディングムービーの費用の相場は、およそ15万円から25万円です。
プロフィールムービーと違ってかなりの費用がかかることは覚悟しておいたほうがよいですね。
安定した撮影技術をもったカメラマンが付きっきりで撮影してくれ、編集もしっかり行ってくれますので、
一生の思い出の品を作ると考えたら決して高くはないのかもしれません。

実際にウェディングムービーを撮影した人は、
会場の関連業者依頼したという人が7割以上、友人に頼んだという人が2割弱、まったくの外部業者に頼んだという人は1割弱でした。

これらの結果を加味して、ウェディングムービーの依頼については、重要度や予算などに応じて検討してみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る