現在の最短発送日
2月27日

ご注文はこちらから

ブログ

最新の結婚式のトレンドとは?

人前式 結婚式 トレンド

結婚式 トレンド テーブルコーディネート
結婚式というのは、時代を映す鏡とも言われます。
バブル時代には『派手婚』と呼ばれる豪華な結婚式、不況時代には『地味婚』という結婚式がトレンドでした。
結婚式のトレンドにも移り変わりがあり、世相を反映していると言っても過言ではありません。
現代の結婚式のトレンドは『おもてなし婚』と呼ばれるスタイルで、ゲストをもてなすことを第一に考えるスタイルとなっています。
派手婚は名前の通り豪華挙式で、大人数の招待客を招く結婚式です。
地味婚は派手な演出を控えて少人数で執り行うものでした。
現代の結婚式のトレンドであるおもてなし婚は、ゲストの人数は少なめなのですが、ゲスト1人にかける金額が高いという傾向があります。

結婚式のトレンドってどのくらいの周期で変わって、誰が作っているの?

結婚式 トレンド 周期
過去の結婚式のトレンドは、どのくらいの周期で移り変わっているのかご存知ですか?
その時代を反映すると言われる結婚式ですが、約10年周期でブームが変わっていると言われています。
洋服などは毎年行われているコレクションによって、その年の流行りが決まりますが、結婚式のブームはその時代が作っていると言っても良いでしょう。
というのも、結婚式を挙げるには多額のお金が必要となります。
不景気だとか、好景気だとか、お金の動き、世相が結婚式のトレンドを作っているのです。

1980年代は『派手婚』
バブル時代の結婚式は、お金の動きが激しい時代で、何をするにもお金をかけてとにかく派手に行われる傾向がありました。
結婚式も例外ではなく、派手な演出を取り入れられていたのです。
ゴンドラに乗って、天井から降りてくるという入場風景は、バブル時代ならではでしょう。
他にも、レーザー光線やスモーク、キャンドルサービスなど、今考えると過剰なほどの演出をしていたのがこの時代です。

1990年代は『地味婚』
バブル景気がはじけてしまい、世間はお金に対して堅実になっていきます。
これを反映しているのが、1990年代の地味婚です。
過剰な演出は控え、結婚式にかける費用を抑える時代になりました。
新婚旅行を兼ねて2人だけで海外でひっそり結婚式を挙げるカップルや、身内だけを集めてささやかにレストランウェディングをするカップルが多かったのもこの時代の特徴です。

2000年代は『アットホーム婚』
最近人気のゲストハウスでの結婚式は、2000年代からメジャーになってきました。
ゲストハウスに招待客を招いて行う、アットホームな雰囲気の結婚式が2000年代のトレンドと言われています。

2010年代、現代の結婚式のトレンドは?
おもてなし婚 アットハート婚 シェアド婚
2000年代のトレンドを引き継いでいる2010年代の結婚式は『絆』を大切にする傾向が強いと言われています。
『おもてなし婚』や感謝の気持ちを伝え合う『アットハート婚』、ゲスト参加型の感動を共有する『シェアド婚』などと呼ばれる結婚式がトレンドです。
今までの結婚式という概念ではありません。
結婚したことをお披露目する、報告するという形から、結婚出来たことに感謝する、新郎新婦もゲストも一体となって楽しんでもらうという形に変化しています。
今後もその時代を反映した結婚式の形が生まれて来そうですね。

晩婚化も結婚式のトレンドに反映される?
結婚式 料理 引き出物 こだわる
近年、女性の社会進出もあり、晩婚化が進んでいます。
晩婚化や生涯独身率の高さが社会現象にもなりつつあります。
最新の調査では男性30.9歳、女性29.3歳が平均初婚の年齢で、以前と比べると2〜3年遅くなっていることが明らかになっています。
初婚年齢が高くなるということは、経済的にも豊かになってから結婚式を挙げる人が増えるということですので、必然的に結婚式にかけられる予算も上がるのです。
結婚式を行うのに支払う総額は地域によって差も大きいのですが、平均300〜320万円となっています。
また、年齢が上がることで交友関係も本当に親しい人やお世話になっている人など、絞り込まれるためゲストの数も少人数になっていくのでしょう。
平均して30〜40名のゲストを招く結婚式が多いです。結婚式の料理や引き出物にこだわるなど、ゲストへの満足度の高い結婚式が現代のトレンドとなっています。

神前?人前?教会?どこで挙式が人気?
神前 人前 教会 どこで挙式が人気
ひと昔前は、神前や教会での挙式が多く、人前式を行うのは一握りのカップルでした。
ところが、最近では人前式の人気が高まり、結婚式を挙げる人の約25%が人前式を選んでいます。
人前式というのは、神社や教会のように宗教や場所、形式にこだわらない挙式です。
両親や友人など、結婚式の参加者に永遠の愛を誓うというスタイルで、アットホームな結婚式をしたいというカップルに多く選ばれています。
一番人気は教会でのチャペルウェディングです。
真っ白なウェディングドレスに身を包んでヴァージンロードを父親と歩き、神父さんに永遠の愛を誓うという、キリスト式の挙式は昔も現在も変わらない女性の憧れとなっています。

関連記事

ページ上部へ戻る

現在の最短発送日
2月27日

ご注文はこちらから