現在の最短発送日
4月8日

ご注文はこちらから

ブログ

式は挙げなくても写真は残したい!ウェディングフォトの魅力

ロケーション撮影 ウェディングフォト 思い出の場所

<結婚式をする人もしない人も写真は残したいと思っている>

かなり前に流行った「ジミ婚」から、結婚式は特にやらないというカップルが増えているようです。
その理由としては、結婚式に使うお金があるなら貯蓄に回したい、新婚旅行を豪華にしたい、授かり婚なので子どものために使いたいなどさまざまですが、「結婚式にお金を使うのはもったいない」という気持ちが前面に出ていることがわかります。
両親は「結婚式をしてほしい」と思っている場合が多いようですが、本人たちの意見を尊重すると、結婚式を挙げないという選択も尊重することが多い様子。

本来であれば、結婚は自分たちだけでするものではなく、家と家の結びつきという考え方もできるのですが、最近はこうした考えにはあまり囚われないのかもしれません。
ただ、結婚式をする・しないに関わらず、ウェディングフォトは撮影したいと考えている人は多いようです。
写真だけとはいえ、ウェディングドレスやタキシードに袖を通すことで、結婚するという自覚が生まれますし、子どもが大きくなって「結婚式の写真を見せて」と言われた時に、やっぱり思い出のひとつとして見せてあげたいですよね。

ちなみに、披露宴はしないけれど身内だけの結婚式はする、というカップルは意外と多いようです。
結婚式と披露宴は別で、結婚式なら神社や教会であまり費用をかけずに挙げることができますし、親族にパートナーを紹介できます。
両親にも花嫁姿や花婿姿を見せてあげられるので、できれば式だけでも挙げられるとよいですね。
最近は妊娠中の人でも着られるマタニティー用のドレスがいろいろとあるようですので、授かり婚の方も、ウェディングフォトや結婚式について、ぜひもう一度検討してみてください。

<ウェディングフォトを業者に依頼した場合>

ウェディングフォトの相場は実に幅が広く、それこそ1万円から25万円前後までとかなりの差があります。
主に2種類に分けられ、1つが「スタジオ撮影」、もうひとつが「ロケーション撮影」です。

スタジオ撮影はその名の通り、スタジオ内で撮影するパターンで、ロケーション撮影よりも外に出ない分費用が手頃になります。
ロケーション撮影は、海沿いや神社、教会など、ウェディングフォトを撮影するのにふさわしい場所に出向いて撮影するパターンです。
この場合、屋外に機材を持っていく手間などがあるので、撮影料金が高くなります。

スタジオ撮影だけなら貸衣装込みで1万円前後でできるものもあるようですが、内容がかなり簡単なものしかないことも。
貸衣装のレパートリーも少なく、別の衣装に変えるとなると、一気に1万円以上値上がりするというのはよく聞く話です。
であれば、最初からある程度の費用がかかってしまうプランのほうが、結果的に安くつく、ということも十分にありえます。
安いプランが気になったときは、ドレスは何種類選べるのか、写真は何枚撮ってもらえるのかなど、気になる点をしっかり確認した上で申し込みましょう。


ロケーション撮影の場合、雰囲気のある写真を撮影してもらうことができます。
特にこだわりがない人や、予算を少しでも抑えたい人は、スタジオ撮影でもよいと思います。
ただ、屋外ならではのもの、映画のワンシーンのような写真を撮ってもらえるので、とてもよい記念になることは間違いありません。
和装と洋装でロケ先が違ってきますので、サンプルなどを見てよく吟味してみてください。
ちなみにこれらの費用には、貸衣装代はもちろん、メイクやヘアセットの料金も含まれる場合がほとんどです。

何十年も先までとっておく一生に一度の記念写真なので、予算を抑えたい場合でも、ある程度のクオリティが確保できるプランの方が満足度の高いものを残せたということもあります。
よく比較検討した上で、後悔のないようにプランを選びましょう。
結婚式をしない場合は、双方の両親や家族を交えた写真を撮影すれば、いっそうステキな記念になりますよ!

<ウェディングフォトは自作も可能?>

最近はよいデジカメがたくさんありますので、ウェディングフォトも自作できるのでは、と考える人もいるようです。
記念写真を撮るだけならもちろん自作も可能ですが、写真は意外と難しいもの。
プロのような仕上がりにするのは、専門的にカメラを勉強した人でないと難しいかもしれません。
知り合いにカメラマンや写真を勉強している人がいるなら、謝礼を支払って撮影してもらという方法もあります。

ただ、ウェディングフォトのプランは貸衣装や撮影料などが込みの値段なのに対し、衣装だけ借りるとなると、手頃なウェディングフォトプランと同じくらいの金額になってしまうこともありますので、どちらがお得かはよく検討したほうがよさそうです。
結婚の費用は、節約するところはする、使うところは使うというメリハリも大切。
ウェディングフォトは一生ものなので、後悔のない写真を残したいですね。

関連記事

ページ上部へ戻る

現在の最短発送日
4月8日

ご注文はこちらから