ブログ

似顔絵入りウェルカムボードを手作りしたい!

似顔絵入りウェルカムボード 水彩 手描き オーダーメイド プロに依頼

<ハンドメイドの結婚式がブーム>
ペーパーアイテム
最近のクラフトブームにあやかってか、結婚式においてできるだけ手作りのものを使いたいと考えるカップルが増えています。
そのため、式場も結婚式場ではなく融通の聞くレストランやフリースペースを利用する人も多く、結婚式も実に多様になってきましたよね。

結婚式で手作りできるものはいろいろあります。
まずは必須ともいわれるペーパーアイテム。
ペーパーアイテムとは、席次表や席札など、紙でつくるアイテムのことを指しますが、ウェルカムボードやウェルカムツリーなどもペーパーアイテムのひとつです。
これらは実に手作りしやすく、新郎新婦のセンスが問われる部分でもありますので、できるだけこだわりたいところ。
そのほか、会場に飾る花も自分で用意したり、ウェルカムスペースのデコレーションも手作りのものを使うなど、
いろいろな場所でハンドメイドのものを活かすことができます。

<ウェルカムボードは似顔絵入りが人気>
ウェルカムスペース
ウェルカムボードは会場の入口に置いてゲストを歓迎するためのアイテムになりますが、結婚式によって実にさまざま。
新郎新婦の人となりがとても表れていて、例えば新郎がパン屋に勤めているということになると、手作りのパンでウェルカムボードを作る人もいるほど。
これは特殊な例ですが、それだけ制作の幅が広いので、どんなものを作ろうか悩んでしまう人も多いようです。

モダンなデザインからかわいらしいものなど雰囲気も色々ですが、最近は似顔絵入りのウェルカムボードを作成する人が増えています。
似顔絵入りのウェルカムボードが人気の理由として、
ゲスト受けがよいこと、初めて会うゲストに新郎新婦のキャラクターを知ってもらえることなどが挙げられます。
一言で似顔絵といってもいろいろな描き方がありますので、個性を出したいという人にもオススメ。

 

似顔絵 手描き
似顔絵の種類としては、一番多い手描きのものや、デジタル画、パズルタイプのものなどがあります。
似顔絵も描く人によってまったくイメージが異なりますので、自分の好みに合った似顔絵師を探すことも重要なポイント。

手描きの場合、似顔絵師の個性がよく出ていて、色鉛筆などを使用した柔らかい仕上がりが特徴。
デジタル画は発色がきれいで、バックのグラデーションなどもいろいろな表現ができるので、よりプロっぽい仕上がりになります。
パズルタイプは、似顔絵を作成してからパズルを作成できるもので、ピース数も希望に応じて分割してもらえます。

似顔絵入りウェルカムボード作りは、インターネットで制作を依頼することがほとんど。
制作期間は1ヶ月前後のところが多いですが、ウェディングシーズンは大変混み合うため、早めの申込みが必須です。

業者に制作を依頼することで、ほかの結婚式の準備に注力できるほか、額なども本格的なものを用意してもらえるので、結婚式が終わった後も大切な思い出の品として飾っておけるというメリットがあります。

<似顔絵入りのウェルカムボードを手作りする>
ネット 似顔絵依頼
けれど、できるだけ手作りのの結婚式にしたいというカップルは、なんとか似顔絵入りのウェルカムボードも手作りできないか・・・とも考えますよね。
プロにお願いするのもお金がかかるし、簡素でもいいから手作りしたい!というのであれば、
無料で似顔絵を作成するツールなどを活用して似顔絵を自作するという方法もあります。

似顔絵作成ツールをインターネットで検索し、そこに必要事項を記入して、新郎新婦の画像をアップすると、その画像を用いて似顔絵を作ってくれます。
できた似顔絵をプリントアウトしてウェルカムボードを作れば、手作りウェルカムボードの完成!
似顔絵作成ツールにはいろいろなものがありますので、複数のツールで作ってみて、好みに合ったものを使用するとよいでしょう。


そのほか、目や鼻、口などのいろいろなパーツがあ用意されていて、自分でそれらを組みわせて似顔絵を作成するツールもあります。
ただ、どうしてもプロが描くような似顔絵にはならないので、
しっかりとした高いクオリティ・サービスを求めるのであれば、似顔絵師にお願いするのが無難。
そのほか、意外と周りに絵心のある人がいたりするので、友人を当たって似顔絵が描ける人を探してみるのもいいかも。
ふたりの人柄・キャラクターを存分に取り入れた似顔絵にしてくれるかもしれませんよ。

関連記事

ページ上部へ戻る