ブログ

ジェッソの綴りに学ぶ

アートな道具 ジェッソ

こんにちは、本日は前回書いた記事
アートに学ぶ道具たち  で紹介できなかったもう一つのアートなお役立ち道具、その名も

 

ジェッソ

アートな道具 ジェッソ

について、書いていきたいと思います。

それでは言ってみましょう。

 

まぁ、何と言っても最初の衝撃は

ジェッソってGから始まるんだ!

 

だったんじゃないでしょうか?

当然筆者も『J』から、始まると思っていましたが、

 

『ガンダム』

 

以外でGから始まる物体とかあるんですね。

 

G

 

 

あ、ジャイアンツもGか。

 

 

でも、キーボドで打つ時、100パーセントJで打ちますよね?

 

でか、G使ってギュエッソとかなるし、Gでジャイアンツとかジェッソとか変換可能なの?

 

だれか知ってる人がいれば教えてください。

 

 

やっぱりいいです。

 

 

 

 

さて、いささか前置きが長くなりましたが、本日の主役

ギェッソことジェッソ

です

アートな道具 ジェッソ

 

写真にある通り

『白色地塗り材』

なんですが

『??』

ってなりますよね?

 

簡単に言えば、紙やキャンバスに塗る下地材なのですが、絵具としても使えるみたいです。

こちらを下地として塗ることで、絵の具の乗りが違ったり、立体感が出たりするそうです。

詳しい説明は検索すれば出てきますが、専門用語が出過ぎてて

 

「『おい!さっき簡単に説明すると・・・』って書いてあったよな!」

 

 

となること間違いなしなので、オススメしません

 

 

とりあえず、今回は私松下、この

ジェッソ塗りに挑戦です

ジェッソ塗り

 

ついに、私もだんだんと、似顔絵作家の道を歩み始めたわけです。
思えば、長い道のりでした。

 

社長を描き

過去に松下の作画した社長の似顔絵

 

悟空を描き

 

長い苦節の日々、

 

 

ようやく、似顔の下地作りまでたどり着きました!

 

それでは、私松下の華麗なるハケ裁きをどうぞ

 

まぁ、結果白いんですけどね。

 

映像ではほぼわからないと思いますが、なかなかムラなく綺麗に塗るのは難しいものです。

そして、乾かしましたら、下準備は完了!

 

 

この、私が塗りましたキャンバスが、芸術作品になっていくわけです。

 

さぁ、いよいよ作家デビューも目前でしょうか?

 

それでは、このキャンバスがどの様になったのかは、完成しましたらまた、こちらでお知らせいたします。

 

 

それでは今回はこの辺で!

関連記事

ページ上部へ戻る