ブログ

ウェルカムボードにいれる言葉にもこだわりましょう

ウエルカムボード

今回は似顔絵ウェルカムボードの文字についてのお話です。

ウェルカムボードはショップに依頼して作ってもらう方法もあれば、手作りをすることもできるのが特徴です。
世界に全く同じものは2つとありません。二人だけの思い出の一品となるため、近年はウェルカムボードを作成するカップルが増えてきています。
ほとんどの挙式で見かけるようになっているといっても言い過ぎではないかもしれませんね。もちろん、絶対になければならないアイテムではありませんので、必ずしも作らなくてはいけないという事ではありません。

ウェルカムボードの文字

ウェルカムボードの文字

ウェルカムボードはこれといった決まりもないため、サイズも入れる文字も、デザインも何もかも自分たちの自由に作れるのが魅力でもあります。
たとえば、「ようこそ私たちの結婚式へ」と記載する場合、もちろん日本語でも構わないですし、英語で「welcome to our wedding」「Welcome to our Wedding Celebration」と文字で記すことができます。
その他にも、同じ意味を持つ「Welcome to our Wedding Reception」などがありますので、ウェルカムボードの大きさやデザインなどに一番しっくりくるもので構わないでしょう。

また、上記にご紹介したもの以外でも、感謝をこめてという意味をもった「With Thanks」、日本人にもなじみが深い「Thank you」、これまでもこれからも幸せをという意味がある「Happiness, always as ever」など、素敵な言葉はたくさんあります。
どれか一つでなければいけないということはありませんが、ポイントは結婚式の来賓者は年齢の幅が広いため、多くの方に見て頂けるようなわかりやすい文字にすることです。
BIRDFULで一番人気がある文字は「HAPPY WEDDING」見本のように上部に記載するパターンが多いです。
かわいい似顔絵と言葉も入れて素敵なウェルカムボードでゲストのみなさんを迎えたいですね。

関連記事

ページ上部へ戻る